2011年 12月 09日
写真家のお仕事
本日はトーテムポールでの次回展に向けての撮影後、東急ハンズでお買い物してギャラリーへ。
年末年始にかけてに開催される京都での展示と、来年初頭の大阪での展示に使用する作品の梱包発送作業をおこなう。
ハンズの店頭にあった一番大きなダンボール箱に、フレーミングした作品をエアキャップや緩衝材で厳重に養生して詰めてゆく。
もはや慣れっこなこの作業、いやでも手際が良くなります。

現在展示開催中の下平くんの手を借りて、エッチラコッチラと巨大なダンボール箱を最寄りのクロネコヤマトまで運搬する。
たいへん面倒くさくもあるこの作業ですが、作品を見てくれる人の顔を想像すれば楽しくもなります。

京都展は12月15日から来年1月29日までの開催です。
d0085548_2336203.jpg
京都展のフライヤー。写真はVincent FOURNIER氏の作品。
[PR]

by ariphoto | 2011-12-09 23:53 | daily


<< 師走の街 情景      2011年、最後の展示 >>


about
Shinya Arimoto's Weblog
カテゴリ
daily
photo
exhibition
gallery
darkroom
shop
workshop
bicycle
profile
有元伸也ウェブサイト
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル