2011年 12月 23日
HC-110
長年愛用している現像液「Kodak HC-110」、ここしばらくヨ◯バシカメラの暗室用品売り場から姿を消している。店頭には「取り寄せ可能、納期2〜3ヶ月」との立て札もあるが、常用の現像液がそんな納期では心もとない。
それでNYのB&Hにて購入することになるのだが、いかんせん液体の重量物、数本だけの購入では送料がバカ高くなってしまう。なので友人の写真家とシェアする予定でまとめて20本を購入。これで送料を含めた一本あたりの単価はヨ◯バシカメラよりも安くなる算段なのだが、それでも送料が購入金額を上回ってしまうのです。もっと大人数でシェアしたほうがいいのかな?

そしてなによりも困るのが保管場所。とりあえず冷暗所といえば冷蔵庫ぐらいしか見当たらない訳なのだが、酔っ払った時の誤飲にはくれぐれも注意!
d0085548_19271161.jpg

[PR]

by ariphoto | 2011-12-23 20:01 | darkroom


<< メリクリ      師走の街 情景 >>


about
Shinya Arimoto's Weblog
カテゴリ
daily
photo
exhibition
gallery
darkroom
shop
workshop
bicycle
profile
有元伸也ウェブサイト
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル