カテゴリ:bicycle( 6 )

2007年 07月 07日
七夕の夜に警察
先日、警察署から電話があった。『盗難された青い自転車について』という内容だったのですが、すぐにはピンとこなかった。なぜなら僕の青いC40ちゃんは、今まさに目の前にあるからです。
話しを進め、記憶を手繰り寄せると思い当たるふしがあった。しかしまさか!?
電話口の警察官に車種を尋ねると間違いないようだ。4〜5年の時を経て、僕の青いPEUGEOTちゃんが見付かったのだ。

そして本日ギャラリークローズ後、昔の恋人に会いに行くかのような気分で高井戸警察署へ。
人気のない入り口をくぐり、受付の警察官にその旨を告げると二階へ案内された。エレベーターの扉が開くと、すぐ目の前に、変わり果てた姿の僕の自転車があった。
フレームからハンドル、チェーンなど細部にわたり錆に覆われている。クランクは固着して回らない。当然のようにタイヤはパンクしている。
えーっと、電話では走行可能と聞いていたんですが・・・。

「これ、走れないですよね。」僕が呟いた。
「そうですね。」警察官が申し訳なさそうに答える。
ボロボロになった自転車を眺めて、しばしの沈黙。

結局、廃棄同意書に捺印。パトカーで自宅まで送ってもらった。
d0085548_2253310.jpg
サヨナラPEUGEOT。サドル位置から察するに、盗んだ奴はかなりの短足です。
[PR]

by ariphoto | 2007-07-07 22:13 | bicycle
2007年 03月 14日
三寒四温
油断した〜。いまごろ真冬かっ!?
日中暖かかったのでグローブもせずに出かけたんですが、夜の風の冷たいことったら。
季節の変わり目、風邪などひかないようご自愛ください。
d0085548_1211484.jpg

[PR]

by ariphoto | 2007-03-14 01:22 | bicycle
2007年 02月 07日
10,000km
久しぶりに自転車に乗る。
というのもこの季節、街で撮影する時の服装と、自転車に乗る時の服装に温度差がありすぎるから。
街を歩く時は分厚いコートを着ているし、自転車に乗る時にはまるで夏の装い。
ここのところ集中して撮影していたので、薄着して自転車に乗る機会がなかったのだ。
あと、無駄に体力を消費したくないってのもあるな。

今日は朝から学校仕事だったので、愛車C40を部屋から持ち出し、半ズボンで軽快に漕ぎ始める。
冷たい空気の中、青梅街道を滑るように走る。
途中、中野坂上で信号待ち。僕と同じくロードレサーで通勤中のオジサンに「寒くないですか」と、尋ねられる。
僕の背中にはうっすらと汗が滲んでいた。寒くはないわなぁ。
ブランクがあって、足が全くできていないので学校に着く頃にはヘロヘロのバテバテ。
到着後、ふとメーターを見ると積算走行距離が10,000kmを越えていた。

なんとなく「ありがとう」を、C40に。
[PR]

by ariphoto | 2007-02-07 22:41 | bicycle
2006年 11月 02日
エポケー
新たなる出会いを求めて、新宿パトロール。(ブラブラ撮影ね)

も、空振り連発トーンダウン。
頭上の雲もあいまって、頭の中はモヤもや靄。
夕刻よりギャラリーにて内職。手は動かせど、脳は全くスッキリしない。
PCに向かったままで死亡。

そんな気分を吹っ飛ばしてくれるのはやっぱりコイツ。
愛車「C40」は今日もゴキゲン。
霜月の、霜月みたいな夜風を浴びて、吉祥寺まで「NO CHAIN」でブッ飛ばす!
d0085548_2128457.jpg

[PR]

by ariphoto | 2006-11-02 21:41 | bicycle
2006年 09月 29日
METER
僕の自転車にはサイクルコンピューターなるものが付いている。
スピード、走行距離、走行時間、ケイデンス(ペダルの回転数)、ギアポジションなどが計れるスグレモノだ。
が、最近電源すら入れていない。

ロードレーサーに乗りはじめた頃は、ケイデンスを一定にする為のトレーニングに使用したり。
やれ70km出したとか言って、はしゃいだりしていた。
それはそれで楽しいのだが、自転車に乗る上での本質的な楽しみではないような気がする。

経験を重ねるごとに、様々な数値が体に染み付き感覚となり、ようやく周りの風景が見えてきた。
計測器に気を取られない分、瞬間的に移り変わる交通状況の未来予想も精度があがる。
結果、楽しみの質は向上する。

これは写真にも共通している。
カメラという機械を媒介する以上、写真も数字とは縁が切れない。
絞り、シャッタースピード、フォーカス、フレーミングなどなど。
最新のカメラを使うと、そこらへんは自動でやってくれるのでありがたいが、今度はファインダーの中がよろしくない。
右にも左にも、数字や記号やパラメーター・・・。
ファインダーに被写体を見ているのか、数字を見ているのやら。

古いカメラのファインダーはシンプルでよい。

撮影時における様々な数値的なものを直感へと進化させた時、ようやく目の前の光景へと向かえるようになる。

直感が故に外れるときもあるが、それもまたよし。
d0085548_203089.jpg

たまには数字も楽しいがね。
[PR]

by ariphoto | 2006-09-29 21:20 | bicycle
2006年 08月 29日
愛してるんだ2
COLNAGO C40 / Dura-Ace 我が愛車、こいつに跨がって撮影に行くのが極上!
新宿に着いたら、盗難されないように100円払って駐輪場に入れてやる。
d0085548_2193417.jpg

たんに自慢してるだけだな。
[PR]

by ariphoto | 2006-08-29 21:14 | bicycle


    


about
Shinya Arimoto's Weblog
カテゴリ
daily
photo
exhibition
gallery
darkroom
shop
workshop
bicycle
profile
有元伸也ウェブサイト
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル